交通事故・肩こり・腰痛・ひざ痛の治療はほぐしの壺(整骨・整体)一宮・江南・大口店にお任せ下さい!

交通事故の被害者の方は「ほぐしの壺接骨院」までお気軽にご相談下さい!

ほぐしの壺接骨院のHP→http://hogushinotsubo.com/

交通事故の当事者となってしまった場合、加害者の自動車保険はもちろん、自身の保険も十分に活用するべき

...

交通事故の被害者となってしまった場合、まずは加害者が加入している自賠責保険による賠償を受けます。それが不十分であった場合は、補完的役割を果たす任意保険からの補償を受けることになります。

被害者でも交通事故で使える保険がある

ここで忘れがちなのが、被害者自身が加入している保険など、加害者の保険以外の補償です。基本的には負傷の治療や、壊れてしまった自動車の修理代などは、加害者の自賠責保険、あるいは任意保険で補償されるため、なかなか自分の保険にまで頭が回らないのが実情ではないでしょうか。

自分が加入している任意保険で支払われる補償もあることを早く思い出し、損害賠償請求権がある3年以内ならば、自分の保険で補償金が支払われる可能性があるので、再度確認してみることをお薦めします。

保険を賢く使えば、加害者からの損害賠償金にプラスして、自分の保険で補償が受けられることがあるのです。但し、自身が加入している保険の内容を良く理解し、自分で請求しないと支払ってはくれないので、保険内容を熟知しておく必要があります。

加害者の保険以外に損害賠償を受けることができる、いくつかの方法を見ていきましょう。

加害者が無保険の場合に役立つ「無保険車傷害保険」

「無保険車傷害保険」とは、自動車保険に加入していない、あるいは対人賠償保険に加入していないなどの理由で、損害賠償を十分に行えない運転者の自動車と事故を起こし、被害者となった運転者や同乗者が死亡、または後遺障害が残ってしまった場合に保険金が支払われるものです。

無保険車傷害保険は「SAP」や「PAP」といった任意保険のセットにも含まれ、現在はほとんどの自動車保険に自動的にセットされていることが多い、非常に基本的な保険となります。

もっと見る
hogushinotsubo.com
 
ほぐしの壺整骨・整体院(一宮店・江南店・大口店)では、大手口コミサイトで「口コミNO,1」「満足度NO,1」を獲得!肩こり・腰痛・膝痛・スポーツ障害・交通事故でのむち打ち症状や後遺症に対し、マッサージと最新医療....