交通事故治療・むち打ち治療・肩こり・腰痛・ひざ痛の治療はほぐしの壺(整骨・整体)一宮店・江南店・大口店にお任せ下さい!

むち打ち・交通事故の怪我と治療は江南市一宮市大口町のほぐしの壺接骨院にお任せ下さい!

さて、いつどんな時に自分たちに降りかかってくるか解らない交通事故・・・・

知識がなく泣き寝入りをしている方も多いと思います。

...

ほぐしの壺接骨院では弁護士法人心へのご紹介をさせていただく事によって被害者の方が治療面でも慰謝料の面でも後悔させない対応を取っております。

ほぐしの壺接骨院(整骨・整体)では健康保険証が必要ありませんので、お気軽にお越し頂けるお店となっております!

ほぐしの壺接骨院(江南店と一宮店と丹羽郡大口店)では、 患者様が損をしない交通事故の治療・むち打ち
(治療費や慰謝料に関して)をお伝えしていきます。

詳しくは「交通事故専門サイト」→ http://koutsuujiko24.com/

肩こり・腰痛なども口コミサイトでNO,1で、国家資格者のみが在籍する接骨院整骨院・整体院となっております!

現在通われている病院や整形外科・整骨院からの転院や通院に関して詳しく書いてあります!

********************************

ほぐしの壺整骨・整体・接骨の求人情報 http://hogushinotsubo.com/

募集人材・・・柔整師・鍼灸師・あんま師・受付スタッフ・リラクゼーションスタッフ

*今現在も肩こりなどの施術に健康保険を使っている接骨院が多いみたいです・・・
当院はすべて実費施術のみなのでこれからの時代にあった経営方法が身に付きます!

術者 

給料 月23~28万(経験年数による)
社保完備 賞与あり 業績により寸志もあり
年間休日105日 有休制度あり

ラクゼーションスタッフ 

歩合給 1800円以上(一宮店)経験者・土日祝日は入れる方を優遇します!
*経験者で入れる日が多い方は歩合給を優遇します。

お問い合わせ先 0587-74-3030 総院長 西まで

受付スタッフ

各店舗16:00~21:00に受付業務の出来る方を全店舗で募集しております。
時給950円~スタート!
頑張って頂ける方には時給を上げさせて頂きます!

「整形外科」「外科」など病院で中々治らなかった首の痛み・背中の痛み・腰の痛み・腰痛・肩こり・スポーツ障害・スポーツ外傷・交通事故の怪我・むち打ち・交通事故の後遺症・骨盤矯正・猫背矯正・足のむくみ・頭痛をメインに患者様が少しでも身体のコンディションがよくなるよう「江南市」と「一宮市」と「丹羽郡 大口町」のほぐしの壺整骨・整骨・整体は治療させて頂きます。

丹羽郡・扶桑町大口町小牧市犬山市江南市一宮市からも多くの患者様が来院し、大手口コミサイトでも「口コミNO,1」「評判NO,1」「満足度NO,1」「人気NO,1」の称号を頂いている接骨院となっております!

一宮店では60分2,980円で全身もみほぐしも予約制で行っております!お気軽にお問い合わせ下さい!全身の疲れが吹っ飛びます!→http://hogushi24.com/

Yahooにこんな記事が載っていました!

 

 ◇柔道世界選手権最終日(2018年9月27日 アゼルバイジャン・バクー)

 20年東京五輪で初めて実施される男女混合団体戦が行われ、日本は決勝でフランスを4―1で破り、初実施された昨年から2連覇を果たした。男子73キロ級の橋本壮市(27=パーク24)ら3選手が個人戦でのケガのために出場しなかったが、団体代表を含めたチーム日本一丸の戦いでタイトルを死守。一方で個人戦代表だけでの戦いとなる五輪に向け、対策の必要性が浮き彫りになった。


 終わってみれば4試合計16勝3敗で2連覇。しかし準々決勝の地元アゼルバイジャン戦はポイントを先行される苦戦。決勝も女子70キロ級の大野(コマツ)が個人戦銀のガイーに敗れるシーンがあり、女子の増地克之監督は「20年はガラッと変わる。気を引き締めたい」と満足しなかった。

 世界選手権では団体要員として男女各2人の選手を追加できるが、五輪では個人戦代表だけの戦いとなる。この日も個人戦で負傷した男子73キロ級の橋本ら3人は大事を取って出場せず。男子の井上康生監督は、この日の朝礼で66キロ級の阿部(日体大)ら団体戦に出場しない選手を前に「(五輪では)もし73キロ級の選手がケガをしたら出すことになる。心の準備をしろと伝えた」と有事に備えるように伝達したという。

 一方で団体要員は選手強化にはつながっている。昨年の団体代表だった長沢(パーク24)は、今年は個人代表として銅メダルを獲得。同じく女子78キロ超級の素根(福岡・南筑高)も団体戦で大舞台を経験し、今年はアジア大会を制するなど大躍進。女子は個人戦で全9選手がメダルを獲得する史上初の快挙を成し遂げたこともあり、全日本柔道連盟金野潤強化委員長は「女子は2、3番手の選手が不在だったが、その課題は解消された」と効果を認めた。

 準決勝を戦った南北朝鮮合同チームは男子73キロ級金の安昌林(アンチャンリン)(韓国)を日本戦で温存し、決勝相手のフランスはリネールが不在。各国が腹の探り合いをする中での2連覇だが、柔道発祥国のプライドに懸けて、東京五輪でも金メダルを必ず奪う。

 ▽男女混合団体戦 男子73キロ、90キロ、90キロ超、女子57キロ、70キロ、70キロ超の6階級で実施。試合時間やルールは個人戦と同じで、引き分けはなし。無作為の抽選で決めた階級から始まり、トーナメントを勝ち進むにつれてスタート階級が後ろへと移行する。勝敗が決した時点で打ち切りで、残り試合は実施しない。1試合ごとの勝利内容は最終的なチームの勝敗に関係せず、勝利数が並んだ場合は抽選で選ばれた階級によるゴールデンスコア方式の決定戦を行う。20年東京五輪も同様の形式で行われる予定。