交通事故治療・むち打ち治療・肩こり・腰痛・ひざ痛の治療はほぐしの壺(整骨・整体)一宮店・江南店・大口店にお任せ下さい!

ほぐしの壺接骨院
 

さて、いつどんな時に自分たちに降りかかってくるか解らない交通事故・・・・

知識がなく泣き寝入りをしている方も多いと思います。

ほぐしの壺接骨院では弁護士法人心へのご紹介をさせていただく事によって被害者の方が治療面でも慰謝料の面でも後悔させない対応を取っております。

...

ほぐしの壺接骨院(整骨・整体)では健康保険証が必要ありませんので、お気軽にお越し頂けるお店となっております!

ほぐしの壺接骨院(江南店と一宮店と丹羽郡大口店)では、 患者様が損をしない交通事故の治療・むち打ち
(治療費や慰謝料に関して)をお伝えしていきます。

詳しくは「交通事故専門サイト」→ http://koutsuujiko24.com/

肩こり・腰痛なども口コミサイトでNO,1で、国家資格者のみが在籍する接骨院整骨院・整体院となっております!

現在通われている病院や整形外科・整骨院からの転院や通院に関して詳しく書いてあります!

********************************

ほぐしの壺整骨・整体・接骨の求人情報 http://hogushinotsubo.com/

募集人材・・・柔整師・鍼灸師・あんま師・受付スタッフ・リラクゼーションスタッフ

*今現在も肩こりなどの施術に健康保険を使っている接骨院が多いみたいです・・・
当院はすべて実費施術のみなのでこれからの時代にあった経営方法が身に付きます!

術者 

給料 月23~28万(経験年数による)
社保完備 賞与あり 業績により寸志もあり
年間休日105日 有休制度あり

ラクゼーションスタッフ 

歩合給 1,800円以上(一宮店)経験者・土日祝日は入れる方を優遇します!

お問い合わせ先 0587-74-3030 総院長 西まで

受付スタッフ

各店舗16:00~21:00に受付業務の出来る方を全店舗で募集しております。
時給900円~スタート!
頑張って頂ける方には時給を上げさせて頂きます!

「整形外科」「外科」など病院で中々治らなかった首の痛み・背中の痛み・腰の痛み・腰痛・肩こり・スポーツ障害・スポーツ外傷・交通事故の怪我・むち打ち・交通事故の後遺症・骨盤矯正・猫背矯正・足のむくみ・頭痛をメインに患者様が少しでも身体のコンディションがよくなるよう「江南市」と「一宮市」と「丹羽郡 大口町」のほぐしの壺整骨・整骨・整体は治療させて頂きます。

丹羽郡・扶桑町大口町小牧市犬山市江南市一宮市からも多くの患者様が来院し、大手口コミサイトでも「口コミNO,1」「評判NO,1」「満足度NO,1」「人気NO,1」の称号を頂いている接骨院となっております!

一宮店では60分2,980円で全身もみほぐしも予約制で行っております!お気軽にお問い合わせ下さい!全身の疲れが吹っ飛びます!→http://hogushi24.com/

Yahooにこんな記事が載っていました!

さくらももこさん、落語家になりたかった 幻に終わった小朝への弟子入り

 

 国民的人気漫画家・さくらももこさんの突然の訃報に、日本中に悲しみが広がった。さくらさんは中学生の頃から漫画を描き始め、紆余(うよ)曲折の末に少女漫画界に「エッセー漫画」というジャンルを持ち込んだ。亡くなる直前まで漫画を描き続けたさくらさん。


 「小さい頃から漫画が大好きで、いつも漫画を描いていました」。さくらさんは2014年頃のインタビューで、そう振り返っていた。自身のエッセーなどによると、中学生の頃から少女漫画雑誌に投稿。当時描いていたのは正統派の恋愛漫画だったが、賞には縁がなかった。

 親にも反対され、漫画家は無理だと見切りをつけようとしていた高2のある日。学校で行われた作文のテストで95点の高得点を取った。教師からは「エッセー調の文体が高校生とは思えない」と大絶賛。批評欄には、少し引いた視点で構成するうまさが「現代の清少納言」と記された。うれしさから「エッセーを漫画にする」ことを思い立ち、直後に書いた投稿作が「りぼん」で初入賞。「ちびまる子ちゃん」の原型ができた。

 その頃、「落語家になる」という別の夢もあった。春風亭小朝の独演会が地元・静岡であった時、出待ち。入門を申し出ようと思った瞬間に小朝がスッと前を通り過ぎてしまい、タイミングを逃したという。エッセーや漫画に見られる独特の視点と語り口は、落語に影響を受けていたのかも知れない。

 高校卒業後の84年、静岡の短大在学中に漫画デビュー。86年に上京し、判例集などに関する書籍を発売する出版社に就職した。漫画を描きながらの生活が重なり、勤務中に居眠り。上司から「会社を取るか、漫画を取るか」と迫られて「漫画」を選択し、入社からわずか2か月で退社した。直後の同年8月に「ちびまる子ちゃん」連載開始。国民的漫画家のスタートを切った。

 漫画以外にも才能を発揮した。91年に出版した独特の語り口のエッセー集「もものかんづめ」はミリオンヒット。作詞を手がけた「ちびまる子ちゃん」のテーマ曲「踊るポンポコリン」はCD売り上げ164万枚を超える大ヒット。14年、さくらさんは「良いことも大変なこともいっぱいありましたが、私は作家としてもとても幸せな月日を送らせていただいています」とつづっていた。

 恥ずかしがり屋な一面もあり、テレビなどのメディアでインタビューを受けることは稀だった。「ちびまる子ちゃん」を放送していたフジテレビには、もし自身の顔の映像が必要な場合は、自画像イラストを代用するよう依頼。新聞などでも92年ごろまでは顔写真が掲載されていたが、その後はイラストになっていた。

 ◆さくらさんのその他の主な作品

 ▼漫画

「教えてやるんだ ありがたく思え!」(84年「りぼんオリジナル秋の号」デビュー作)

 「コジコジ(COJI―COJI)」(94年「きみとぼく」)

 ▼エッセーなど

 「もものかんづめ」(91年、集英社

 「さるのこしかけ」(92年、集英社

 「たいのおかしら」(93年、集英社

 「あのころ」(96年、集英社