交通事故・肩こり・腰痛・ひざ痛の治療はほぐしの壺(整骨・整体)一宮・江南・大口店にお任せ下さい!

さて、いつどんな時に自分たちに降りかかってくるか解らない交通事故・・・・

知識がなく泣き寝入りをしている方も多いと思います。

ほぐしの壺接骨院では弁護士法人心へのご紹介をさせていただく事によって被害者の方が治療面でも慰謝料の面でも後悔させない対応を取っております。

...

ほぐしの壺接骨院(整骨・整体)では健康保険証が必要ありませんので、お気軽にお越し頂けるお店となっております!

ほぐしの壺接骨院(江南店と一宮店と丹羽郡大口店)では、 患者様が損をしない交通事故の治療・むち打ち
(治療費や慰謝料に関して)をお伝えしていきます。

詳しくは「交通事故専門サイト」→ http://koutsuujiko24.com/

肩こり・腰痛なども口コミサイトでNO,1で、国家資格者のみが在籍する接骨院整骨院・整体院となっております!

現在通われている病院や整形外科・整骨院からの転院や通院に関して詳しく書いてあります!

********************************

ほぐしの壺整骨・整体・接骨の求人情報 http://hogushinotsubo.com/

募集人材・・・柔整師・鍼灸師・あんま師・受付スタッフ・リラクゼーションスタッフ

*今現在も肩こりなどの施術に健康保険を使っている接骨院が多いみたいです・・・
当院はすべて実費施術のみなのでこれからの時代にあった経営方法が身に付きます!

術者 

給料 月23~28万(経験年数による)
社保完備 賞与あり 業績により寸志もあり
年間休日105日 有休制度あり

ラクゼーションスタッフ 

歩合給 1,800円以上(一宮店)経験者・土日祝日は入れる方を優遇します!

お問い合わせ先 0587-74-3030 総院長 西まで

受付スタッフ

各店舗16:00~21:00に受付業務の出来る方を全店舗で募集しております。
時給900円~スタート!
頑張って頂ける方には時給を上げさせて頂きます!

「整形外科」「外科」など病院で中々治らなかった首の痛み・背中の痛み・腰の痛み・腰痛・肩こり・スポーツ障害・スポーツ外傷・交通事故の怪我・むち打ち・交通事故の後遺症・骨盤矯正・猫背矯正・足のむくみ・頭痛をメインに患者様が少しでも身体のコンディションがよくなるよう「江南市」と「一宮市」と「丹羽郡 大口町」のほぐしの壺整骨・整骨・整体は治療させて頂きます。

丹羽郡・扶桑町大口町小牧市犬山市江南市一宮市からも多くの患者様が来院し、大手口コミサイトでも「口コミNO,1」「評判NO,1」「満足度NO,1」「人気NO,1」の称号を頂いている接骨院となっております!

一宮店では60分2,980円で全身もみほぐしも予約制で行っております!お気軽にお問い合わせ下さい!全身の疲れが吹っ飛びます!→http://hogushi24.com/

Yahooにこんな記事が載っていました!

山根会長の生発言 相次ぐ矛盾

日本ボクシングを再興する会から、日本ボクシング連盟助成金の不正流用や審判の不正などに関する告発状をJOCスポーツ庁内閣府など、監督関係各所6団体へ提出されている渦中の山根明会長が3日、沈黙を破ってテレビ出演ラッシュ。映像を交えて生中継したのは、日テレ系の朝のワイドショー「スッキリ」だけだったが、その内容は、もはや“放送事故レベル”の放送コードギリギリの危ないものになった。

 告発には加わっていないが、元会長秘書で、様々なメディアで“山根批判”を展開しているS氏を「前科者ですよ」と、放送では実名で中傷。MCのタレントから放送時間がなくなってきたことを伝えられると、突然、反社会勢力の名前を持ち出し「一昨日、元暴力団M組(番組では実名)の組長から私の知人を朝方に呼んで山根に言っておけと。3日以内に引退しないと山根の過去をバラずぞって脅迫を受けました。だから僕は立ち上がったんです」と口にした。

 そもそも、そのM組から脅されるような関係が、なぜあったのか?という疑問が出てくる。しかも、様々な不正を告発されている連盟のトップとして、疑念を晴らすためにテレビ出演を決めたのではなく、元反社会勢力の圧力に耐え切れず、立ち上がったというのだから、団体トップとしての資格を疑う。

 その強烈なキャラはお茶の間に衝撃を与えた。しかし、各局の責任者からは「生放送ではもう無理」という声があがった。某局のディレクターは、筆者の取材に「強烈なインパクトで視聴率は取れるでしょうが、何を発言するか、わからないので危なくて生放送は絶対に無理です。放送コードにひっかかる不適切な発言を行う危険性があります。録画での編集をしなければ、とうてい使えません。これは各局共に同じ判断ではないでしょうか」と断言した。録画でインタビューを放映した某放送局も、危ない発言が随所にあったため、1時間以上の取材を行いながら、放送可能だった部分は、インタビュー全体の3分の1もなかったという。

 そして、その反論や発言には多分に真っ赤なウソと受け取れるようなものが混じっていた。