交通事故・肩こり・腰痛・ひざ痛の治療はほぐしの壺(整骨・整体)一宮店・江南・大口店にお任せ下さい!

肩こり・腰痛・交通事故の怪我・むちうち・首の痛み・しびれ・頭痛は江南市一宮市大口町の「ほぐしの壺接骨院」各院にお任せ下さい!

ほぐしの壺接骨院(整骨・整体)では健康保険証が必要ありませんので、お気軽にお越し頂けるお店となっております!

ほぐしの壺接骨院(江南店と一宮店と丹羽郡大口店)では、 患者様が損をしない交通事故の治療・むち打ち ...
(治療費や慰謝料に関して)をお伝えしていきます。

詳しくは「交通事故専門サイト」→ http://koutsuujiko24.com/

肩こり・腰痛なども口コミサイトでNO,1で、国家資格者のみが在籍する接骨・整骨・整体院となっております!

現在通われている病院や整形外科・整骨院からの転院や通院に関して詳しく書いてあります!

********************************

ほぐしの壺整骨・整体・接骨の求人情報 http://hogushinotsubo.com/

募集人材・・・柔整師・鍼灸師・あんま師・受付スタッフ・リラクゼーションスタッフ

術者 

給料 月23~28万(経験年数による)
社保完備 賞与あり 業績により寸志もあり
年間休日105日 有休制度あり

リラクゼーションスタッフ 

歩合給 1,800円以上(一宮店)

お問い合わせ先 0587-74-3030 総院長 西まで

受付スタッフ

各店舗16:00~21:00に受付業務の出来る方を募集しております。

「整形外科」「外科」など病院で中々治らなかった首の痛み・背中の痛み・腰の痛み・腰痛・肩こり・スポーツ障害・スポーツ外傷・交通事故の怪我・むち打ち・交通事故の後遺症・骨盤矯正・猫背矯正・足のむくみ・頭痛をメインに患者様が少しでも身体のコンディションがよくなるよう「江南市」と「一宮市」と「丹羽郡 大口町」のほぐしの壺整骨・整骨・整体は治療させて頂きます。

丹羽郡・扶桑町大口町小牧市犬山市江南市一宮市からも多くの患者様が来院し、大手口コミサイトでも「口コミNO,1」「評判NO,1」「満足度NO,1」「人気NO,1」の称号を頂いている接骨院となっております!

一宮店では60分2,980円で全身もみほぐしも予約制で行っております!お気軽にお問い合わせ下さい!全身の疲れが吹っ飛びます!→http://hogushi24.com/

Yahooにこんな記事が載っていました!

ドイツ敗退 母国メディア酷評

グループリーグ敗退の汚点を残したドイツ

【6月27日・カザン|グループF  韓国 2-0 ドイツ】

 前回大会の覇者ドイツは、グループリーグで姿を消すこととなった。

 グループリーグ第2戦のスウェーデン戦をトニ・クロースの劇的なロスタイム弾によって制し、最終戦に勝てば決勝トーナメント進出が決まるドイツは、この日も序盤から相手をポゼッションで圧倒。しかし、韓国のコンパクトで統率の取れた守備を崩すことができずに時間は流れた。

 そして、刻一刻とタイムアップの瞬間が近づき、ドイツに焦りの色が見えるなかで、試合は思わぬ形で動く。

 92分、CKからキム・ヨングォンが押し込んだゴールは、一度はオフサイドの判定に取り消されたものの、VARによってこれが覆り、韓国が先制したのだ。

 勝つしかないドイツは守護神のマヌエル・ノイアーを含めたピッチ上の全員が攻めにかかるも、そのノイアーが敵陣でボールを奪取され、試合終了間際の96分にソン・フンミン無人のゴールへと流し込まれ、ドイツは力尽きた。
 
 グループリーグ敗退という史上初の汚点を残してしまったドイツ。連覇を懸けて臨んだ大会をグループ最下位で去るという現実に、母国メディアも悲観に暮れている。

 全国紙『Bild』は、「W杯の悪夢。全てが終わった」との見出しを打ち、自国の代表チームが歴史的敗北を喫したことを嘆いた。

「我々のドイツ代表は史上初めてW杯のグループリーグで姿を消す。どれだけ恥ずかしいことだろう。ヨアヒム・レーブには失望させられた」

 さらにドイツのサッカー専門誌『Kikcer』も、「歴史的な敗北。世界王者が散る」と銘打ったマッチサマリー内で、代表チームを怒り交じりに酷評している。

「ドイツが決勝トーナメント行きを逃してしまった。ドイツの歴史上で初めての大惨事だ。1962年大会のブラジル以来、誰も成し得なかった『連覇』という偉業を約束して臨んだが、それは夢に終わる。2002年のフランス、2010年のイタリア、2014年のスペインと同様に我々も生き残れなかった。

 韓国に対してのパフォーマンスは平凡で無気力。スローで退屈なサッカーに終始し、全盛期の華やかさには程遠いものだった。2009年のU-21欧州選手権を制して以来、ドイツは抜本的な改革を進め、トーマス・ミュラートニ・クロースマヌエル・ノイアージェローム・ボアテングマッツ・フメルスサミ・ケディラメスト・エジルといった黄金世代が、それを彩ってきたが、いよいよ終わりだ。次の2022年カタールW杯に向けて急速な変化が必要だ」

 優勝の大本命として臨みながら屈辱的な敗北を喫したドイツ。はたして、彼らは未来に向けて、いかなる立て直しを図るのか。今はまだ、その道筋すら見えていない。