交通事故・肩こり・腰痛・ひざ痛の治療はほぐしの壺(整骨・整体)一宮店・江南店・大口店にお任せ下さい!

肩こり・腰痛・交通事故の怪我・むちうち・首の痛み・しびれ・頭痛は江南市一宮市大口町の「ほぐしの壺接骨院」各院にお任せ下さい!

ほぐしの壺接骨院(整骨・整体)では健康保険証が必要ありませんので、お気軽にお越し頂けるお店となっております!

ほぐしの壺接骨院(江南店と一宮店と丹羽郡大口店)では、 患者様が損をしない交通事故の治療・むち打ち ...
(治療費や慰謝料に関して)をお伝えしていきます。

詳しくは「交通事故専門サイト」→ http://koutsuujiko24.com/

肩こり・腰痛なども口コミサイトでNO,1で、国家資格者のみが在籍する接骨・整骨・整体院となっております!

現在通われている病院や整形外科・整骨院からの転院や通院に関して詳しく書いてあります!

********************************

ほぐしの壺整骨・整体・接骨の求人情報 http://hogushinotsubo.com/

募集人材・・・柔整師・鍼灸師・あんま師・受付スタッフ・リラクゼーションスタッフ

術者 

給料 月23~28万(経験年数による)
社保完備 賞与あり 業績により寸志もあり
年間休日105日 有休制度あり

リラクゼーションスタッフ 

歩合給 1,800円以上(一宮店)

お問い合わせ先 0587-74-3030 総院長 西まで

受付スタッフ

各店舗16:00~21:00に受付業務の出来る方を募集しております。

「整形外科」「外科」など病院で中々治らなかった首の痛み・背中の痛み・腰の痛み・腰痛・肩こり・スポーツ障害・スポーツ外傷・交通事故の怪我・むち打ち・交通事故の後遺症・骨盤矯正・猫背矯正・足のむくみ・頭痛をメインに患者様が少しでも身体のコンディションがよくなるよう「江南市」と「一宮市」と「丹羽郡 大口町」のほぐしの壺整骨・整骨・整体は治療させて頂きます。

丹羽郡・扶桑町大口町小牧市犬山市江南市一宮市からも多くの患者様が来院し、大手口コミサイトでも「口コミNO,1」「評判NO,1」「満足度NO,1」「人気NO,1」の称号を頂いている接骨院となっております!

一宮店では60分2,980円で全身もみほぐしも予約制で行っております!お気軽にお問い合わせ下さい!全身の疲れが吹っ飛びます!→http://hogushi24.com/

Yahooにこんな記事が載っていました!

メッシに脅迫 混乱越え初戦へ

いよいよ開幕したW杯ロシア大会。ホルヘ・サンパオリ監督率いるアルゼンチンは、初戦でW杯初出場となるアイスランドと対戦する。

 アイスランドと言えば、やはり一昨年の欧州選手権での躍進が記憶に新しい。当時はアルゼンチン国内でも話題になり、小さな国が一丸となって代表チームを応援する姿に心を打たれたサッカーファンも多かったため、なんとなく(勝手ながら)親しみを感じる対戦相手というイメージがある。

 とはいえ向こうは、優勝経験があり、前回大会の準優勝国でもあるアルゼンチン相手にジャイアントキリングを起こそうと高めのモチベーションで挑んで来ることがほぼ確実。サンパオリ監督は直前のキャンプで試行錯誤を繰り返し、初戦の先発メンバーの選定を入念に行なった。

波乱のスタートは正GK候補ロメロの負傷。

 このように書くと、アルゼンチンがいかにも予定通り順調に準備を進めて来たかのような印象を与えるが、決してそうではない。

 今大会ほど、アルゼンチンが直前になりピッチ外の問題に次々と直面したケースは、ざっと考えても過去20年で一度もなかっただろう。あのディエゴ・マラドーナが代表監督を務めていた時でさえ、W杯に出場する選手が発表されたあとでチームの周辺がこんなにも予想外の出来事で騒がれたり、振り回されたりすることはなかった。

 波乱のスタートは、これまで不動のレギュラーGKとされてきたセルヒオ・ロメロの負傷欠場が決まった時だ。サンパオリ監督が23人のメンバーを発表した翌日、2カ月前に負った膝の怪我が再発したことが発覚。北京五輪で共に金メダルを勝ち取ったおよそ10年来のチームメイトたちも落胆の色を隠せず、グループのリーダー格であるハビエル・マスチェラーノは自身のSNSを通じてロメロを激励する言葉を送った。

ロメロの妻がSNS上で監督らを糾弾。

 だが、トラブルが発生したのはロメロの欠場が決まった後である。ロメロの妻でグラビアモデルでもあるエリアーナ・ゲルシオが、明らかにサンパオリ監督と代表スタッフに対する抗議として、SNS(ツイッター)に「無能な者どもの疑いのせいでエキスパートが代償を払うことになる」と書き込んだのだ。

 エリアーナによると、ロメロの怪我はW杯を欠場するほどの重傷ではなく、2週間で完治するものだという。つまり、その時点で開幕戦には十分間に合ったらしい。にもかかわらず、「無能な者ども」は明確な診断を下せず、その代償としてエキスパート、つまりロメロがW杯欠場という「代償」を払わされたという抗議だったのである。

 しかもその後、ロメロ自身も「自分は出場できると確信していたのにサンパオリが許可しなかった」と、監督に対する不満を堂々と述べたことが各メディアで大きく取り上げられることに。チームがバルセロナで事前キャンプに打ち込んでいる間、国内のニュース番組ではロメロとその妻による「反撃」ばかりが取り沙汰されていた。