交通事故・肩こり・腰痛・ひざ痛の治療はほぐしの壺(整骨・整体)一宮店・江南店・大口店にお任せ下さい!

肩こり・腰痛・交通事故の怪我・むちうち・首の痛み・しびれ・頭痛は江南市一宮市大口町の「ほぐしの壺接骨院」各院にお任せ下さい!

ほぐしの壺接骨院(整骨・整体)では健康保険証が必要ありませんので、お気軽にお越し頂けるお店となっております!

ほぐしの壺接骨院(江南店と一宮店と丹羽郡大口店)では、 患者様が損をしない交通事故の治療・むち打ち ...
(治療費や慰謝料に関して)をお伝えしていきます。

詳しくは「交通事故専門サイト」→ http://koutsuujiko24.com/

肩こり・腰痛なども口コミサイトでNO,1で、国家資格者のみが在籍する接骨・整骨・整体院となっております!

現在通われている病院や整形外科・整骨院からの転院や通院に関して詳しく書いてあります!

********************************

ほぐしの壺整骨・整体・接骨の求人情報 http://hogushinotsubo.com/

募集人材・・・柔整師・鍼灸師・あんま師・受付スタッフ・リラクゼーションスタッフ

術者 

給料 月23~28万(経験年数による)
社保完備 賞与あり 業績により寸志もあり
年間休日105日 有休制度あり

リラクゼーションスタッフ 

歩合給 1,800円以上(一宮店)

お問い合わせ先 0587-74-3030 総院長 西まで

受付スタッフ

各店舗16:00~21:00に受付業務の出来る方を募集しております。

「整形外科」「外科」など病院で中々治らなかった首の痛み・背中の痛み・腰の痛み・腰痛・肩こり・スポーツ障害・スポーツ外傷・交通事故の怪我・むち打ち・交通事故の後遺症・骨盤矯正・猫背矯正・足のむくみ・頭痛をメインに患者様が少しでも身体のコンディションがよくなるよう「江南市」と「一宮市」と「丹羽郡 大口町」のほぐしの壺整骨・整骨・整体は治療させて頂きます。

丹羽郡・扶桑町大口町小牧市犬山市江南市一宮市からも多くの患者様が来院し、大手口コミサイトでも「口コミNO,1」「評判NO,1」「満足度NO,1」「人気NO,1」の称号を頂いている接骨院となっております!

一宮店では60分2,980円で全身もみほぐしも予約制で行っております!お気軽にお問い合わせ下さい!全身の疲れが吹っ飛びます!→http://hogushi24.com/

Yahooにこんな記事が載っていました!

南海トラフ地震の兆候あれば、市町村9割が避難喚起検討

5/28(月) 6:34配信

朝日新聞デジタル

 今後30年間で70~80%の確率で起きるとされる「南海トラフ地震」。朝日新聞社は、被害が想定される14都県計139市町村に、地震発生の恐れが高まれば気象庁が発表する臨時情報への対応をアンケートした。発表されてもいつ地震が起きるか分からないが、9割が住民への避難呼びかけを検討していると答えた。

 南海トラフ地震震源域が東西に広く、予知は困難とされるが、過去には東海、東南海地震の後に南海地震が起きたことがあり、気象庁は昨年11月から「南海トラフ地震に関連する情報(臨時)」を発表する運用を始めた。アンケートは、国が津波避難対策の特別強化地域に指定した関東から九州までの139市町村を対象とし、136市町村から回答があった。

 (1)南海トラフの東側か西側だけで破壊が起き、マグニチュード(M)8クラスの大規模地震が発生(2)前震の恐れがあるM7クラスの地震が発生(3)東海地域にある複数のひずみ計で変化を観測――の3ケースでそれぞれ臨時情報が出た場合、住民に避難の呼びかけを検討するか尋ねた。

 「検討する」と答えた市町村は(1)と(2)の場合がともに126で9割超。(3)の場合も119市町村が検討するとした。呼びかける避難情報の種類は「避難準備・高齢者等避難開始」が最多で「避難指示」「避難勧告」と続いた。「その他」を選んだ静岡県焼津市は「市民に家具固定や備蓄品、避難場所・経路の確認を呼びかける」と答えた。

 「検討しない」と答えた愛媛県伊方町は「曖昧(あいまい)な情報では混乱を招く」、高知県安芸市は「解除できない情報は出せない」、鹿児島県大崎町は「現在の避難基準は、津波注意報が発表された場合と定めている」と理由を説明した。

 避難に耐えられる期間は、3日程度までと答えたのは76、1週間程度までが40、2週間から1カ月程度までが3。3日程度までを選んだ愛知県豊橋市は「市民生活への影響が大きい」、静岡県沼津市は「避難所の食料備蓄が3日分程度しかない」とした。

 被害を減らす社会的対応や規制は4割の55市町村が必要と回答。内容(複数回答)は要配慮者利用施設の避難義務化が55、学校園の授業中止が51と多かった。他は大規模施設の営業停止が30、鉄道の運行停止や空港の閉鎖が18、車両の通行規制が16だった。

 愛媛県愛南町は全項目が必要とし、「社会全体で避難に関する共通認識を持ち、地域差なく避難する体制が整えられていなければ困難」とした。「必要ない」とした宮崎県新富町は「『可能性が相対的に高まった』という状態で住民生活、経済活動の規制は適当ではない」と説明した。

 自治体から社会的規制や防災計画の目安となるガイドラインを求める声が強く、中央防災会議の作業部会は年内に議論をまとめる予定だ。


     ◇

 〈南海トラフ地震に関連する情報(臨時)〉 想定震源域の一部でマグニチュード(M)8クラスの地震が起きて残りの領域でも起きる可能性があったり、前触れかもしれないM7クラスの地震やプレート境界でのすべり現象が観測されたりした場合、地震学者らの検討会が分析・評価。気象庁が異常の検知から最短2時間後をめどに「大規模地震の発生可能性が平常時に比べて相対的に高まっている」などの表現で発表する。予知は困難として、大規模地震対策特別措置法の「警戒宣言」に代わり昨年11月から運用が始まった。