交通事故・肩こり・腰痛・ひざ痛の治療はほぐしの壺(整骨・整体)一宮店・江南店・大口店にお任せ下さい!

2018年1月5日に丹羽郡大口町に,ほぐしの壺接骨院(整骨・整体)の3号店がOPENしました!

場所は不二家大口店のあった場所です!

住所は「愛知県丹羽郡大口町余野3-103 メゾン水野 1F」になります!

...

また、ほぐしの壺(整骨・整体)では健康保険証が必要ありませんので、お気軽にお越し頂けるお店となっております!

ほぐしの壺接骨・整骨・整体(江南店と一宮店と丹羽郡大口店)では、 患者様が損をしない交通事故の治療・むち打ち
(治療費や慰謝料に関して)をお伝えしていきます。

肩こり・腰痛なども口コミサイトでNO,1で、国家資格者のみが在籍する接骨・整骨・整体院となっております!

土曜日・日曜日も通常通り診療しておりますので、お気軽にお越しくださいませ!

詳しくは「ほぐしの壺接骨・整骨・整体の交通事故専門サイト」→ http://koutsuujiko24.com/

現在通われている病院や整形外科・整骨院からの転院や通院に関して詳しく書いてあります!

********************************

ほぐしの壺整骨・整体・接骨の求人情報 http://hogushinotsubo.com/

募集人材・・・柔整師・鍼灸師・あんま師・受付スタッフ・リラクゼーションスタッフ

術者 

給料 月23~28万(経験年数による)
社保完備 賞与あり 業績により寸志もあり
年間休日105日 有休制度あり

リラクゼーションスタッフ 

歩合給 1,800円以上(一宮店)

お問い合わせ先 0587-74-3030 総院長 西まで

「整形外科」「外科」など病院で中々治らなかった首の痛み・背中の痛み・腰の痛み・腰痛・肩こり・スポーツ障害・スポーツ外傷・交通事故の怪我・むち打ち・交通事故の後遺症・骨盤矯正・猫背矯正・足のむくみ・頭痛をメインに患者様が少しでも身体のコンディションがよくなるよう「江南市」と「一宮市」と「丹羽郡 大口町」のほぐしの壺整骨・整骨・整体は治療させて頂きます。

丹羽郡・扶桑町大口町小牧市犬山市江南市一宮市からも多くの患者様が来院し、大手口コミサイトでも「口コミNO,1」「評判NO,1」「満足度NO,1」「人気NO,1」の称号を頂いている接骨院となっております!

一宮店では60分2,980円で全身もみほぐしも予約制で行っております!お気軽にお問い合わせ下さい!全身の疲れが吹っ飛びます!→http://hogushi24.com/

Yahooにこんな記事が載っていました!

なでしこ大一番 豪破ればW杯

 

4月6日に開幕し、グループステージ2試合目までを終えたFIFA女子ワールドカップ最終予選・サッカーAFC女子アジアカップ2018。

初戦のベトナム戦に4-0と快勝した“なでしこジャパン”でしたが、10日に行われた第2戦、最大のライバル韓国との一戦は、両者譲らぬ白熱した展開に。

前半は韓国の猛攻を受けるも、キャプテンの熊谷紗希選手(27、オリンピック・リヨン)、なでしこジャパン最年少の市瀬菜々選手(20、ベガルタ仙台)のセンターバックコンビが中心となり体を張って守り抜くと、後半は一転、日本のペースに。

相手の肘を顔面に受け出血しながらもピッチに立ち続けたエース・岩渕真奈選手(25、INAC神戸)を中心に数々のチャンスを作り出します。

しかし、そこは互いにW杯出場を目指すライバル同士。韓国も最後まで気迫のこもったプレーを見せ、試合は0-0の引き分けで終了。

同グループのオーストラリアがベトナムに8-0と大勝し、第1戦の結果とあわせて日本は現在グループ2位となっています。

次戦の相手は世界ランク6位のオーストラリア代表

グループ上位2チームが2019年に行われるW杯の出場権を獲得する今大会。

なでしこジャパンは、本日4月13日に行われる次の試合に勝てばW杯出場が決定しますが、引き分け・負けの場合、韓国とベトナムの試合の結果次第で3位転落もありうる大混戦の中にいるのです。

そんな大一番の相手は、今大会の出場国の中で世界ランキングトップであるオーストラリア代表。現在、オーストラリアは世界ランキング6位で、日本は11位です。

オーストラリアは一人一人の身体能力が非常に高く、その個々の能力を全面に押し出したパワーサッカーを武器に、ここまで2試合で8ゴール無失点。特に、俊足で屈強な3人のフォワードを走らせるロングボールを駆使した攻撃は、単純だが止められない、圧倒的な武器となっています。

前回の女子アジアカップでは決勝で日本に敗れ準優勝となったオーストラリア代表。当時20歳周辺だった若手選手たちが、現在はチームの主力として活躍しています。

オーストラリアのスタジック監督も前日会見で、「我々には自信がある。4年前は若手だった選手たちが、そこから60試合、70試合以上の国際試合を戦い、経験をつけた。日本が良いチームということはわかっているが、我々はすべてのチームを倒してアジア女王になることが目標だ」とチームの成長に手応えを感じている様子。

昨年夏の国際大会では世界ランキング1位の絶対女王・アメリカ代表にも勝利するなど、その実力は本物です。

実際、前回のW杯(2015年)以降、なでしこジャパンはオーストラリア代表に2戦2敗と勝てていません。どちらの試合も3失点、4失点と失点数の多さが目立っただけに、今回の試合も守備がポイントになりそうです。

なでしこジャパンの高倉監督は前日会見で、「簡単にスピードだけで背後をとらせないトレーニングをしているし、選手とも話している。オーストラリアはチームとして非常に完成度が高いのは明らかだが、日本らしいプレーが出たとき、いいコンビネーションを作れたときにゴールが生まれる。選手たちには自分の持っている色を素直に発揮して、自由にイキイキとゴールを目指してほしい」と意気込みを語りました。

格上といえるオーストラリア代表を相手に“絶対に負けられない戦い”に挑むなでしこジャパン。6月の男子W杯を前に、見逃せない、そして日本中の応援が欠かせない一戦が繰り広げられます。<制作:テレビ朝日サッカー>