痛い、つらいのお役に立ちます!ほぐしの壺接骨院一宮店と江南店にお任せ下さい!

おはようございます!!

今日は雨が降るみたいですね(>_<)

 

さて、皆さんは咄嗟に救急車が必要かどうか判断できるでしょうか?

 

Yahoo記事より

知っているかが生死を分ける「救急車の賢い呼び方」

 

看護師が対応する救急相談センター

 「今後、高齢化が進むにつれ、さらに救急車の出動回数が増えるのは必至。救急体制に支障が出てくることが懸念されます」と話すのは、帝京大学医学部附属病院救命救急センター長を務める三宅康史さんだ。



 東京消防庁管内の2015年中の救急出動件数は75万9802件。救急業務がスタートした1936年以来、過去最高を記録した。全国では605万1168件で、こちらも過去最高だった。件数が増えれば、現場からより遠くの救急隊が出動する確率が高まり、到着が遅れ、助かるはずの命まで救えなくなってしまうのだ。

 だが、実はこの数字には救急車の出動が必要ないケースが数多く含まれている。 東京消防庁の場合、救急車で搬送された人のうち、医師の診断で軽症と判断されたのは52%にも及び、重症以上は8%に過ぎなかった。中には「眠れず誰かに話を聞いてほしい」や、「病院に行くタクシー代を節約」するために救急車を要請した例もあった。

 こうした非常識な行為は言語道断だが、「救急車を呼ぶべきか、自力で病院に行くべきか、判断できない時は各自治体の関係機関が用意したシステムを積極的に活用するようにしてほしい」と三宅さん。東京消防庁の場合は、ウェブ上で「救急受診ガイド」を設置。パソコン、スマートフォン、携帯電話からつなぐことができる。案内に従いながら進めていくと、救急車を呼ぶべきかどうかの判断が示される。

 電話で#7119(ダイヤル回線からは23区03-3212-2323、多摩地区042-521-2323)にかければ、救急相談センターにつながり、救急相談看護師が対応。緊急性があると判断されれば、救急車を呼んでくれる。また、相談内容に適した医療機関の案内もしている。「問題は、こうしたシステムの存在が一般の人たちの間に浸透していない点です。周知をもっと徹底して、より積極的な活用を促し、救急体制の充実につながればと期待しています」。

救急で迷った時の心得

(1)緊急性が高いと思ったら119番
(2)#7119では薬のことは聞けない
(3)トリアージに協力すべし
トリアージとは搬送の優先順位をつけること。救急隊員が緊急性はないと判断し自力受診を提案されたら、速やかに同意して、隊員の次の緊急出動に協力する意識を持とう。

 

 

********************************

ほぐしの壺接骨院一宮店求人情報(名鉄一宮駅から徒歩1分)

勤務柔整師として現状に満足しておらず、
「自分の力を試したい」という熱い気持ちを持った方を募集しております!

店舗展開をおこなっているので頑張り次第で自分のお店を持てるチャンスが来るので、非常にやりがいのある仕事だと思います!

勤務地 ほぐしの壺接骨院一宮店 一宮市名鉄一宮駅から徒歩1分)

給料 月23~28万 社保完備 賞与アリ
 
新店舗の院長候補となり月給50万も頑張り次第では可能です!

今こそあなたの力を試してみませんか?

ご質問などはお気軽に、0587-74-3030 担当 西 まで

*ほぐしの壺接骨院江南店求人情報  http://hogushinotsubo.com/

江南市のほぐしの壺接骨院では、受付スタッフと国家資格
(柔整・鍼灸・あんま・理学療法)を持った先生を募集しております。

受付スタッフ業務内容は受付全般と術者の助手となります。
時給850円~1,000円

国家資格者は患者様への施術となります。
月給23万~40万 社保完備 賞与アリ

お気軽にお問い合わせ下さい。

「整形外科」「外科」など病院で中々治らなかった首の痛み・背中の痛み・腰痛治療・肩こり治療・スポーツ障害・スポーツ外傷・交通事故治療・むち打ち治療・むち打ち症状・交通事故の後遺症・骨盤矯正・猫背矯正・足のむくみ・頭痛をメインに患者様が少しでも身体のコンディションがよくなるよう「江南市」と「一宮市」のほぐしの壺接骨院は治療させて頂きます。

扶桑町大口町小牧市犬山市からも多くの患者様が来院し、大手口コミサイトでも「口コミNO,1」「評判NO,1」「満足度NO,1」「人気NO,1」の称号を頂いている接骨院となっております!